フレッツ光プロバイダー比較

フレッツ光プロバイダー比較で得しよう!【料金大満足のおすすめは?】

ネットの料金をもっと安くしたくありませんか?

 

「1円でもネット料金を安くしたい!」
「結局一番お得で良いプロバイダーってどこなの?」
「プロバイダ変更するのって面倒くさそう・・・」
「沢山ありすぎてどこを選んでいいかわからない(汗)」

 

top画像

私もかつてはそうでした。でも今は違います!
自分にとって一番お得で満足できるプロバイダを探すため料金やサービス内容を徹底比較して調べてみたんです。

 

キャンペーンにつられたり、無料期間の長さだけで選んだりしていませんか?あと、光回線にしたときに業者におすすめされたプロバイダをなんとなく惰性で使っているあなた!

 

プロバイダの選び方次第でネット料金が半額になるかもしれません!

 

こちらではおすすめ人気ランキングをはじめ、各プロバイダの特徴や料金設定をわかりやすくご紹介しております。どこが一番安いのか?自分にピッタリなところはどこなのか?この際ちゃんと調べてネット料金をなるべく安く変えてみませんか?

 

top

バナー

 

フレッツ光プロバイダーランキング【みんなに選ばれているのは?】

 

少しでも快適なインターネット環境を作るために

ポイント

 

画像5

光回線は、ADSL回線のようにノイズの影響を受けたり、基地局との距離によって速度が落ちるといったことはありませんが、同じ回線を何人もの人が同時に使うので、さまざまな要因で通信速度は低下します。

 

たとえば、マンションのような集合住宅の場合は、マンションに光回線の設備を設置して、そこから各戸に回線を通しているので、マンションの住民が同時にインターネットを使えば、当然、速度は落ちてしまいます。

 

また、光回線からプロバイダにつながるまでには、他のユーザーの回線も合流してくるため、これも速度低下につながります。

 

これらの要因は、自分では解決できないので、ある程度仕方ないと割り切って使わなくてはなりませんが、実は意外な所に通信速度を落としている原因があります。

 

それは、みなさんが使っているパソコンの利用環境や性能です。

 

自宅に引いた光回線は、ルーター呼ばれる周辺機器に接続されて、パソコンにつながります。

 

もし、自宅で複数台のパソコンを使っていれば、マンションの光回線と同じように、回線が混雑することになり、通信速度の低下につながります。

 

1台のパソコンで高画質の動画などを見ていれば、他のパソコンでの動画再生は、途切れ途切れになることもあります。

 

また、無線LAN環境を構築していれば、壁や床などが障害物となり、通信速度が落ちることもありますし、無線LANの規格によっては、通信速度の低下が極端になることもあります。

 

一例を挙げると、「IEEE802.11b」という無線LAN規格の速度は、11Mbpsです。つまり、この規格の無線LANを使っていると、100Mbpsの通信速度は100%でないということになります。

 

有線でインターネットを使っていても、ケーブルやパソコンのLANカードにも同様に規格があるので、最新最適の規格のタイプのものに変える必要があります。

 

こうした自宅のネットワーク問題だけでなく、パソコンの性能も通史速度に大きく影響します。

 

たくさんのソフトを立ち上げて、パソコンの処理速度が遅くなった経験は誰にでもあると思いますが、この状態でインターネットを利用すると、処理速度が一気に低下します。

 

対処方法としては、使っていないソフトを終了させるのはもちろんのこと、メモリの増設、ハードディスクの最適化、OSのアップデートなどが挙げられます。

 

さらには、パソコンがウイルス感染していても通信速度が遅くなることもあるので、ウイルス対策ソフトをインストールしてそのままにしておくのではなく、定期的にパソコン全体のウイルスチェックを行いましょう。

 

バナー


 
安さで選ぶプロバイダ コンテンツで選ぶ サービス内容で選ぶ 通信速度遅い原因は? NTT東日本公式